お知らせ

ギフト・ショー秋2018、PINE-PORT様のブースにてDanbaul×Styleをご利用いただきました。

日本最大級のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第86回インターナショナルギフト・ショー秋2018」が、東京ビッグサイトで9月4日(火)〜7日(金)に催されました。

今回、初出展されたヨーロッパからの輸入雑貨を扱う「PINE-PORT」さまのブースにて、Danbaul×Styleのシェルフやスツールを展示什器としてご利用いただきました。
「人と環境に配慮したEthical Style フェア」のコーナーに近づくと、どこからともなく聞こえてくる鳥のさえずり、、、
それが、日本初お目見えのドイツ生まれのサウンドボックスZwitscher Box(ツヴィッチャーボックス)。
人の動きを察知して心地よい鳥の声が流れるすぐれもの。
イタリア人アーティストのステーショナリーやフィンランドの日用雑貨はもちろんのこと、展示什器であるDanbaul × Styleにも関心を寄せてくださる方が多かったと、嬉しいご報告を頂きました。
『疲れた日常にホッとする時間や空間を!』
をテーマに、やさしいグッズを探して世界各国をまわるPINE-PORTさん。
Danbaul×Styleをお選びくださり、ありがとうございました。
【PINE-PORT】
日程:2018年9月4日(火)〜9月7日(金) 
http://www.giftshow.co.jp

Danbaul x Style in Hong Kong レポート

香港の繁華街、日本でいえば銀座に相当する(人も多いが土地も高い)コーズウェイベイ(銅鑼湾)エリアで、ファッションウォーク(名店坊)は世界各国のブランドショップが軒を連ねる新しいショッピングゾーンです。
その一画で日本の天童木工や石巻工房などハイセンスな家具を取り扱う新しいインテリアショップ「GALLEON」。

 

おや、今も店内から地元のチョイ悪オヤジが出てきましたね。
(・・・本当は店内の内装工事をしてたおじさん)
あれ、ショーウィンドウの向こうに見えるのは、も、もしかして。。。
なんと、Danbaul x Styleの猫マキベンチとスツールではないですか。
店内に入ると他の一流家具と共に、Danbaul x Styleのデスクや、アローテーブル、串シェルフがなんら遜色なく並んでいます。

 

 

今年の日本の展示会でDanbaul x Styleを見つけて気に入ったこちらの店が、ウィルライフにコンタクトしてきたのが7月。
日本から提供を受けたデータを香港のTri-Wall COLABのカッティングマシンで加工して、9月初めに店頭に並びました。
スタートして間もないですが、すでに多くの問い合わせが届いているとの事です。
910月としばらく継続して展示販売される予定です。(Shop ManagerJohnさんに刺身定食をご馳走した甲斐があったというものです)
業界に新しい流れを生む拠点がまたひとつ生まれました。
 
-以上、香港から水谷がお届けしました。

東京インターナショナルギフトショー秋2018

9月4日(火)〜7日(金)に開催される東京インターナショナルギフトショー秋2018(会場:東京ビッグサイト)に出展されるPINE-PORT様のブースにて、Danbaul × Styleのシェルフやスツールを展示什器としてご利用いただきます。
日常にホッとする空間を演出する小物たちを世界中から集めているPINE PORTさん。
今回展示される商品の一つ、ドイツ生まれの”zwitscherboxツヴィッチャーボックスから聞こえるのは爽やかな小鳥のさえずり。
お部屋や洗面所など様々な空間で癒やしを与えてくれます。
エコフィン オルタナ スタイルの演出アイテムとしてウィルライフでも取り扱っており、その可愛らしいフォルムも人気です。
森を感じるツヴィッチャーボックスと、シンプルデザインのDanbaul × Styleのコンビネーションはどのように?
ぜひ、会場にてご覧ください。
会期:2018年9月4日(火)〜7日(金)
          10:00〜18:00(最終日は17:00)
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 東4ホール
最寄り駅:ゆりかもめ「国際展示場正門」下車1分(展示ホールまで徒歩5〜6分)
                  りんかい線「国際展示場」駅下車5分(展示ホールまで徒歩5〜6分)
ブース:東4W-18
無料招待状の請求はこちらのサイトから

シズオカKAGUメッセ2018


シズオカKAGUメッセ2018に出展されている掛川紙器さんが企画する「貼って剥がせるフレーミン」とDanbaul×Styleで出展されるとお聞きし、静岡まで出かけました。

5/30〜6/3まで開催とのこと。

家具だけでなく、素材や静岡の新しいデザインのモノが出品されていて勉強になりました。
会場にいる中で、2つのテレビ局がDanbaul×Styleを取材。現場に立合う。注目されています。結局、3つのテレビ局の取材とのこと。

また、出展者からもコラボできないかと声もかけられました。
軽くて強いと言うのが良いとのこと。

違う分野で、違う人に会うことで、古くからある素材も生き生きとすることを再確認。
因みに30日の夕刻のニュースで放送されたようです。

その後のミーティングは、同じ素材を使ったエコフィンとのコラボについてでした。

6月のフューネラルビジネスフェアの準備もいよいよ最終段階です。
忙しくなります。

PANTS & Tri-Wall !

フォトグラファー植村忠透さんとペイントアーティスト佐々木香菜子さんによるCAT BUNNY CLUBのエキシビジョンが原宿にて開催中。
ずらりと並んだパンツの展示什器は、空間アーティストの山崎哲生さんが手がけたパンツ型トライウォール!どこか誇らしげ?
パンツにまつわるアートでさらに世界観が拡がって、、、L’illustre Galerie LE MONDE(原宿ギャラリールモンド)にて、3/18(日)まで。

【CAT BUNNY CLUB 1st solexhibition ”PANTS”】